田舎暮らしを満喫するための必要最低限のな生活費はいくら?

移住の目的がはっきりして、家族の同意も得られて、移住したい地域も決まり、移住後の仕事の目途もつき、安い家賃の住宅が借りられることになり、具体的な移住のための費用が低予算で済むことがわかれば第一段階は成功でしょう。

 

しかし、移住することはあくまでも第二の人生のスタートで決してゴールではありません。

生活費

念願の田舎暮らしが始まったとしても、そこでのんびり気ままな生活を送るためにはある程度のお金が必要になることは言うまでもありません。

 

そこで先輩移住者方のブログなどから田舎暮らしに必要な生活費はいくらくらいなのかをリサーチしたところ、月15万円~20万円ほどが相場でした。

 

田舎暮らしをすれば生活費が安くなるというイメージを持っている方も多いのですが、実際に田舎に移住した方々の情報を調べてみると『田舎の生活費は予想以上に高い』という声も多く聞かれます。

 

その理由はなんなのかを探っていった結果、都会では家賃や物価が高いため、家賃が安く、野菜や魚などの食材が安く手に入りやすい田舎なら生活費が減るのではないかと考えていたようですが、実際は家賃が安くなるくらいでその他の生活費はあまり変わらないというのが実態のようです。

 

そこで中途半端な田舎の家賃2万5千円のアパートで暮らしている我が家の生活費はまさに田舎暮らしでの生活費と同じなのであえて公開します。

 

スポンサーリンク

中途半端な田舎での毎月の生活費

群馬の中途半端な田舎での実際の生活費は以下の通りです。

家賃
  • 2.5万円
水道光熱費(変動するので年間平均値)
  • 水道:3千円
  • 電気:7千円
  • ガス:1万円
通信費
  • インターネット:6千円
  • スマホ料金(格安SIM)2台で4千円
車関連費
  • ガソリン代:1.5万円
  • 自動車保険:1万円
食費
  • 2人で2万円
その他
  • 生命保険(共済):2人で1万円
  • 遊興費:2人で2万円
税金関連
  • 1万円(毎月一定額を支払い中)
予備費
  • 2年ごとのアパート更新料金が6万円ほどなので月2千5百円
  • 2年ごとの車検費用が10万円ほどなので月5千円

生活費合計:147500円

我が家の毎月の生活費は約15万円かかっていることがわかりました。

 

この金額は僕が営んでいる自営業とネット副業からのわずかな収入から当てていますが、もし、今の状態とまったく同じ状態で田舎に移住するのであれば、単純に1つの仕事で15万円以上は稼がないといけません。

 

僕が営んでいる自営業はこの地域に住んでいるからできる仕事ですので、そのまま移住先に持っていくことはできませんし、田舎では若い人ですら仕事が無いのに50代以降の中高年が15万円以上稼げる仕事が見つかる可能性はゼロに近いでしょう。

 

田舎暮らしへの行動を起こす前に絶対に決めておくべき3つのことの中の移住先の仕事探しでも言及していますが、現在と同じ生活をするためには15万円以上の金額が確実に稼げる仕事を見つけてからではないとやはり移住は難しいと思っています。

 

スポンサーリンク

1ヶ月10万円生活をするために

15万円以上稼げる仕事が見つからなければ移住はしない方が賢明だとは思っていますが、老後は海が見える田舎でのんびりスローライフを送りたいと長年思い続けていますので、そう簡単にはあきらめられません。

 

それならどうしたらよいかを考えてみたところ、場所に捉われずに仕事ができるネット副業からの収入で10万円以上稼げるようになれば、1ヶ月10万円生活を送ることもできるのではないかと考えています。

 

元々貧乏で中途半端な田舎の家賃2万5千の一戸建てアパートに住み、生活の足が車という群馬で毎月15万円ほどの生活費で暮らしている僕にからすれば、今よりも家賃が安くなり、遊びには行かず、節約生活をすれば夫婦2人で月10万円でも暮らすことは実現できそうな気がします。

10万円

しかし、現時点で月15万円の生活費がかかっているのを10万円にするためには5万円分の出費を減らさなくてはいけません。

 

そこでネット副業で安定して10万円以上稼げるようになったと仮定して、田舎に移住した後に1ヶ月10万円生活をするためにはどうすればよいのかを捕らぬ狸の皮算用で妄想してみました。

 

毎月かかる生活費には同じ金額が必要な固定費とその月によって変動する流動費がありますが、自分の意思で節約ができるのは流動費です。

 

固定費の中でも最も重要な家賃と流動費の中で自分の努力で節約できる光熱費、遊興費、食費を減らせれば計算上では5万円の節約はできそうです。

家賃2.5万円⇒1.0万円=1.5万円の節約

家賃1万円くらいで借りられる古民家などの賃貸住宅を借りられれば、現在2.5万円の家賃が1万円になるので、1.5万円の節約になります。

光熱費2.0万円⇒1.0万円=1.0万円の節約

毎月2万円かかっている光熱費を半分の1万円にできれば1万円の節約になります。

 

光熱費の中でも高い順からガス、電気、水道です。

 

現在のガスはプロパンガスで調理とお風呂で使うのでどうしても高くなってしまいますが、シャワーのみで済ませられる温暖な気候の地方や温泉に入れる地方に移住できれば節約できます。

 

電気は暑い事で有名な群馬ですから、夏はエアコンをつけてしまうことも多いですし、冬は冬でこたつと電気毛布は必須ですが、やはり温暖な気候の地方に移住できれば、冬の暖房費は節約できます。

遊興費2.0万円⇒0円=2.0万円の節約

毎月2万円かかっている遊興費をゼロにできれば2万円の節約になります。

 

若い人なら遊びにも行きたいのでしょうが、50代にもなると特に遊びたいとも思いませんし、むしろ遊びになんかいきたくありません。

 

現在、我が家での遊興費はすべて夫婦2人で毎週末に行っている日帰り温泉の費用です。

 

田舎に移住して遊興費を使わないようにすることを想像してみたのですが、まったく気になりませんでした。

 

というのも毎週、日帰り温泉に行っているのは仕事での疲れを癒すこと、気分をリフレッシュするためで、他にいい方法があれば日帰り温泉じゃなくてもいいんです。

 

ところが日帰り温泉以外にリフレッシュする方法が見当たらないため、惰性で日帰り温泉に行っているという状況ですので、理想の田舎に移住してのんびり暮らせれば毎月の遊興費は必要ないと考えています。

食費2.0万円⇒1.5万円=5千円の節約

食費ですが、人間が生きていく以上、食費を無くすということはできません。

 

そこで考えたのがプチ自給自足生活です。

 

畑付きの家が借りられれば畑で野菜作り、畑が借りられなければ水耕栽培やプランターで野菜作りをします。

 

海の近くに移住できれば、魚を釣って食費を節約します。

 

米や肉などはどうしても買わなければいけませんが、幸い?貧乏が長いので安い食材での料理は得意なので、月2万円かかっている食費を最低でも1万5千円くらいにできるのではないかと思っています。

節約できる金額を計算してみますと、家賃1.5万円、光熱費1万円、遊興費2万円、食費5千円で合計5万円の節約ができる計算です…あくまでも机上の空論ですけど。

スポンサーリンク