田舎暮らしでの生活必需品リスト

田舎に移住する時には断捨離をして、なるべくものを持たないミニマリスト生活を送りたいと考えているのですが、不便すぎない生活を送るためにはある程度のものは必要です。

 

そのためには、何が必要で何が不必要なのかを見極めなければいけません。

 

そこで田舎暮らし生活に必要となるものには何があるのかを先輩移住者様のブログやサイトなどを徹底的に調べてみて、多くの方々がこれは外せない必需品だと言っているものをリストアップしてみました。

 

スポンサーリンク

車(軽トラック)

軽トラック

田舎暮らしを始めた方々のほとんどが必需品として車を挙げています。

 

田舎でもバスや電車が利用できる場所はありますが、ほとんどの地域では都市部と比べると運行間隔が空いてしまうのがデフォルトです。

 

また、田舎では食料品や生活雑貨を買いに行くにも、病院へ行くにも距離が遠くなってしまう場合がほとんどです。

 

そのため、どこに行くにも車が必要になるのです。

 

車であれば基本的にはなんでもいいと思うのですが、夫婦2人暮らしなら維持費が安い軽自動車が最適です。

 

軽自動車の中でも田舎でもっとも活躍するのが軽トラックと言われていますが、実は僕も独身の時には軽トラックを乗っていたことがあるのでよくわかります。

 

田舎暮らしに軽トラックが最適な理由は次の通りです。

  • 荷台が広く大きな荷物も多くの荷物も積める
  • 車体が小さく小回りが利くので狭い道もスイスイ走れる
  • 多少傷ついても気にならないのでガンガン乗り回せる

こういった理由を考えると軽トラックほど田舎暮らしに向いている車はありません。

ゴム長靴

ゴム長靴

ゴム長靴も先輩移住者の多くが必需品として挙げています。

 

確かに都市部ではアスファルトが基本ですから、砂利道などの未舗装路を歩くことは少ないですが、田舎ではまだまだ砂利道や未舗装路が普通にありますので、ゴム長靴が役立つわけです。

 

また、庭で家庭菜園をしたり、草刈りをするときなどにもゴム長靴は必須ですし、汚れても水で簡単に洗い流せるのも便利です。

 

スポンサーリンク

草刈り機

草刈り機

草刈り機も先輩移住者の多くが必需品として挙げています。

 

僕も中途半端な田舎に住んでいるのでよくわかりますが、田舎はとにかく雑草が生えます。

 

毎年、春先になると庭に雑草が生えてくるので、定期的に除草剤を撒くのですが、田舎に移住したら家庭菜園などもやってみたいので除草剤は使えません。

 

そうなると雑草は驚くほどぐんぐん伸びますから、草刈り機は必要になるでしょう。

虫除けグッズ

虫除けグッズ

田舎暮らしのデメリットのひとつが虫です。

 

ハエや蚊などだけであればまだいい方で、ムカデやスズメバチと言った毒虫やマムシなどの毒蛇など人体に悪影響を及ぼす虫や動物も多く生息しているのが田舎です。

 

僕の住んでいる中途半端な田舎でも、やはりムカデやスズメバチは出ますし、マムシもアオダイショウもシマヘビも出ます。

 

もちろんムカデに刺されたこともありますし、スズメバチではなくアシナガバチに刺されたこともあります。

 

これらの虫に刺されるととにかく痛いです。

 

そんなことにならないためにも、屋内への侵入を防ぐ忌避剤や殺虫剤、電気虫除け器などの虫除けグッズは必需品でしょう。

パソコン・スマホ

パソコンとスマホ

パソコンとスマホも田舎暮らしに必要なものとして多くの先輩移住者が挙げています。

 

確かにパソコンとスマホがあれば、ニュース、ゲーム、テレビ、映画、娯楽、調べもの、生活に必要な物の購入など多くの事ができますので、一定レベルの生活をする上では必須アイテムと言えるでしょう。

 

そして個人的に必要だと思うのがアマゾンプライム会員になることです。

 

アマゾンプライム会員になれば、月額500円のみで動画見放題になるほか、購入した商品の送料無料、写真の無制限保存、電子書籍の無料購読などさまざまな特典が利用できますので、不便な田舎暮らしを始めるにあたって必須サービスだと思っています。

 

Amazonプライム会員の詳細

 

この他にも、ストーブやファンヒーターなどの暖房器具、懐中電灯やランタンなどの照明器具などがありましたが、これらは移住する地域によっても変わってきますし、個人の考え方によっても変わってくるものです。

 

田舎ならではの必需品として考えますと軽トラ、ゴム長靴、草刈り機、虫除けグッズ、パソコン・スマホは、どこの田舎でも必要だと思いますから、田舎暮らしを考えているなら頭に入れておくべきものと言えるでしょう。

 

ただし、すべて移住後に準備できるものも多いので慌てる必要はなく、徐々に準備していけばいいと考えています。

スポンサーリンク